海外旅行・国内旅行情報 旅たびNETについて旅行記募集旅行会社の方へ
旅たびNET
 
ツアコンカフェ

メルマガNo.21(2001.6.26)より
できた人

ちょっと心が洗われる話。(?)
実は、何かの本に同じような話があった気がする。

むかしむかし・・・でもない頃のこと、あるホテルに「マーさん」なる客が チェックインに来たそうな。
マーさんがフロントに行くと先客がいたので、その後ろに並ぶことにした。

その先客は自分の番になると「待たせるな!」とか「駅から遠すぎる!」と か「お前の頭の下げ方が足りん!」とか、とにかくやたらとフロントマンに 怒鳴り散らし始めた。 延々と嫌味を言い続けるこの客に、後ろに並んでいたマーさんも不愉快にな るほどだった。

やがて自分の番が来たマーさん。 さぞかしこのフロントマンは落ち込んでいるだろうと思うと、スッキリした 笑顔で「いらっしゃいませ!」と迎えられた。
「おやおや。今、あの人の後ろにいたので、思わず聞こえてしまったのだが、 あの人は随分無茶を言ってあなたに怒鳴り散らしていたね。それなのに、あ なたは何もなかったような顔をして私に挨拶したが、ナンとも感じないの?」

フロントマンはマーさんに答えた。
「私も人間ですから、何も感じないと言えばウソになります。でも、私は精 一杯対応させていただきましたし、このホテルのサービスには誇りを持って おります。
 あのお客様のおっしゃることで当ホテルが謝るべきところは、素直に陳謝 いたしました。でも、それ以外のことは私が言い返しても、あの方はもっと 不機嫌になられたでしょう。
 もしかしたら、あのお客様はご自宅を出られる時に不愉快なことがあった のかも知れませんし、仕事がうまく行っていないのかも知れません。きっと 私以外にはぶつけられないストレスをお持ちだったのでしょう。  それと貴方様はご関係がありませんので、私は気持ちを切り替えてご挨拶 させていただきました。」

マーさんのチェックインが終わると、フロントマンはまた笑顔で次の客を迎 えていた。

「マーさん」が「マスター」なのかどうかは、永遠の謎である・・・

※どこかで読んだような・・と思った人は改装前のカフェの「徒然なるまま に」に掲載していたからかもしれません。


メルマガNo.22(2001.7.15)より
できた人・投稿編

前回の「できた人」の記事について、読者の方からメールをいただきました。
メールを下さった読者の方は、お名前がなかったので「匿名希望さん」とお 呼びすることにします。 匿名希望さんは元ツアコンとのことで、メールの内容は次のようなものでし た。(原文のまま)

・・・・・

NR21の「出来た人」を読んで。 出来た人っていい人でしょうか?

こうして周りに良い顔ばかりをする人が、 今の日本をだめにしたと思います。 電車の中でマナーの悪い人見ても ニコニコするような。

それとも ホテルという自分の利益にかかわるような 所でだけはいい顔をするのかもしれませんが。

「悪い事は悪い」とは言わないまでも、 日本人て自分の気持ちを出さないから いつまでも信用されないと思うけど。

帰国子女より(男ですが、)

・・・・・

僕の書き方が不十分だったのかも知れませんが、他にも匿名希望さんのよう な読み方をされた方がいるといけないので、もう少し説明を加えようと思い ます。
僕は【ある人に不愉快な思いをされたからといって、他の人に八つ当たり的 な接し方をしなかったこのホテルマンは「できた人」】だと表現したのです。

もう一度読んでいただくと分かると思うのですが、このお客様は「悪いこと」 をしていたわけではありません。ロビーで飲んだくれて暴れたとか、他の泊 り客に迷惑をかけていたとか。 単純に虫の居所が悪かったのか、感情的にフロントマンに当っていたわけで す。

そして、それに対するホテルマンの対応も「当ホテルが謝るべきところは謝 ったが(ということは譲らなかった点もあるということです)、私は自分の ホテルに誇りを持っている。ただし、感情的になっている人に向かって言い 返しても、ますます感情的になるだけなので、あえて同じレベルに自分を落 とさなかった」というものとして表現したつもりです。

いかがでしょう。もし、このように受け取れない書き方だとしたら、それは 僕の筆力が足りなかったということでしょうか。

ただ、この問題はこの問題として、匿名希望さんの「自分の気持ちを出さな いと、人に信用されない」というご意見は、特に国際社会の中では僕も同感 するところがあることを付け加えたいと思います。


団体旅行(社員旅行・サークル旅行・研修旅行・グループ旅行など)のご相談は、旅たびNETまでどうぞ。
LOHAS ロハス | レンタルサロン| 写真教室| ホームページ制作|