海外旅行・国内旅行情報 旅たびNETについて旅行記募集旅行会社の方へ
旅たびNET
 
ツアコンカフェ

メルマガNo.4(2001.4.15)より
ツアコンの小技【2】
人数確認の仕方

ツアコンはそれぞれが自分の小技を持っているもの。
だから、ここで紹介するのはあくまで僕のやり方。
「そういうやり方もあるのかなぁ」程度にとらえて頂ければ十分です。

すごく簡単に思えるのが人数確認・・・って、本当かな?
こんなことがありましたよ。(ホントに)



 
「あなた誰?」のケース(1) …(国内編)

初日の空港。ツアコンもお客さんも初対面。
ツアコンは人数だけでは不安だったので名前を呼んで確認した。
「鈴木さん、三名様。高橋さん、五名様。・・・」

全員いたので「それではご一緒に・・」とゲートへご案内・・しようと 歩いている時だった。後ろから数名の団体が追いかけてきた。ゼイゼイと息を切らせて、その中の一人がツアコンに声をかけた。

「あのぉ、△△ツアーですか?」
「はい・・??」とツアコン。
「私たち、ちょっと遅れて来ましたが高橋です。」
「ん?」ツアコンは、ちょっと飲み込めない様子。

「あのぉ、××へ行く、○○旅行社の△△ツアーですよね?」

「えっ?××へ行く?△△に行くんじゃないの?」と声をあげたのは、ツアコンではなく、先ほどツアコンに確認された高橋さん「五名様」。

お分かりだろう。
同じ高橋姓だが違う「五名様」をツアコンは連れて行くところだったのだ。

ツアーの名前には紛らわしいものがある。
「たっぷり○○ツアー」の看板の横に「ゆったり○○ツアー」があったりする。しかも混み合った空港でお互いが顔を知らない。最初から自分のツアコン(お客)と思い込んでいるから「まさか」と思う。そこで人数が同じなら「まさか」の×2だ。

飛行機が飛び立つ前で良かった、良かった。



 
「あなた誰?」のケース(2) …(海外編)

ディズニーランドの帰り、バスに乗り込んで人数確認した。
ツアコンは不安だったので、こう付け加えた。
「ご一緒の方はいらっしゃいますねぇ!出発しますよぉ!」
「ハ〜イ!」と、みんなは元気良く答えた。

ホテルに到着して、全員がフロントでカギをもらった・・・はずだった。
「ん?」ツアコンはフロントのカウンターに目が行った。
全員バスから降りたのは確認した。そして、一緒にフロントに来て、全員がカギを受け取ったはずだ。そして、今ツアコンの目の前で全員が部屋へ上がって行ったではないか。

なのにカウンターにカギが一つ余っている。
なんだか知らないがツアコンの額に汗が・・。

カギの番号と部屋割りのリストを照らし合わせてみる。

「あっ!シングルの△△さんのカギだ!」
・・・でも、出発の時に人数確認をしたはずだ。

後で分かった原因は、実にばかげたものだった。
大きなミッキーマウスの人形を買った人がいて、それを座席に座らせた のは良いが、ツアコンは通路をふさぐ風船やお土産物がジャマになって、 バスの前に立ったまま目で頭数を数えていたのだ・・・ミッキーの頭も含 めて。

△△さんはタクシーでホテルに追いかけてきた。
この費用を誰が負担したかは定かではない。



 
「ツアコンの小技」の教訓

  1. 名前を呼ぶなら性だけでなく名もね。特に良くある姓は。(海外旅行では、最初に旅券を提示してもらうので、先ずこの確認漏れはない・・・はず)

  2. バス内での人数確認は通路を往復して数えよう

団体旅行(社員旅行・サークル旅行・研修旅行・グループ旅行など)のご相談は、旅たびNETまでどうぞ。
LOHAS ロハス | レンタルサロン| 写真教室| ホームページ制作|